埼玉県飯能市の注文住宅・リフォーム・伝統工法・ゼロエネ住宅・新築・工務店なら株式会社吉澤建設工業

よっしぃ☆のブログ お問い合わせ
よっしぃ☆のブログ
Contents MENU
現代の名工
西川材
木組みの家
こだわりの技
古民家再生
長期優良住宅
愛犬家住宅
整理収納
株式会社 吉澤建設工業
〒357-0003
埼玉県飯能市青木34-2
TEL : 042-972-4652
FAX : 042-972-6054
ホーム > 西川材
西川材
西川材って何?
埼玉県飯能市、毛呂山町、越生町などから産出される杉、桧のことです。江戸時代、この地域から筏(いかだ)を使い木材を江戸へ運びました。江戸の西の川から木材が運ばれたこともあり「西川材」と呼ばれるようになりました。江戸の大火の復興材として、また関東大震災の際には木材需要が殺到したくさん使われました。また、荒川支流の入間川・高麗川・越辺川の流域を西川林業地と呼んでいます。
立て木
木は普通、40〜80年で伐採されますが、その時に数本残して100年、200年の大径木に育て上げます。これが西川独特の育林方法で、この大径木を「立て木」と呼びます。「立て木」は、小規模の山で収益をあげながら大径木を育てるほうほうであり、いざというときのための「山の貯金」でもあります。
地産地消
森は「育てる」と「伐る」のサイクルで成りっている循環型の天然資源です。適切に、計画的に伐って使うことが自然環境の浄化・特続につながります。また、地元の木は同じ気候風土で使用することで、木はストレスなく本来の力(耐久性・防中性・抗菌性・香りなど)を発揮し、それは住む人に還元されます。
西川材を使った施工例はこちらからご覧下さい。


また、飯能市では少しでも西川材を使い易くするために西川材使用住宅補助金制度という制度を設けております。詳しいご案内はこちらからご覧下さい。


 
西川材使用住宅補助金制度